• HMBAカレンダー
  • 授業
  • 生活
  • レクリエーション
  • イベント
  • 出版物
  • 新入生導入合宿

    越智 達郎(MBA 9期)

     国立の大学通りでは桜が咲き初めた4月4日、5日の両日にわたり河口湖畔の「富士レークホテル」において新入生の導入合宿が開催されました。今年迎えた新入生は91名で、昨年より大幅に増加しました。例年通り初日は、第一次世界大戦当時の主要国に分かれて戦略を競うボード・ゲーム(ディプロマシー)を楽しみました。目的はチーム内、チーム間の議論・交渉を通じて新入生同士の交流を深めることです。学生間の真剣なやり取りと先生の熱心な戦況分析はHMBAの学生と教授陣の関係の濃さを象徴しています。

     夕食後の懇親会にはマーキュリー会OBやMBA2年生も参加し、夜が更けるまで(一部では朝日がうっすらと昇るまで)談笑が続きました。ディプロマシーで疲れているはずの新入生達がお酒を飲みながら元気ハツラツとしているのを見て、これからもきっと頑張っていけるのではないかと思いました。

     翌日は、古典講読担当の先生、2年生代表からMBAコースの意義や学習・生活に関する指示・アドバイスなど、学生生活に向けての情報提供がありました。また、マーキュリー会を代表して大先輩である津田さん・赤井さんからの貴重なお話もありました。

     河口湖の湖畔のホテルでの2日間がこれからの楽しくも厳しい学生生活のスタートになります。新入生の皆さんは充実した2年間へのスタートを切れたのではないかと思います。

    先生からのお話です
    畳の上で「ディプロマシー」!

    新入生全員で記念撮影

     

    (c) Copyright 2005, HMBA Alumni Association, Hitotsubashi University